樹木葬「やすらぎ」
樹木葬「やすらぎ」

 彼岸会について

今年の春のお彼岸は三月二十一日の春分の日を中日として、十八日から二十四日までです。            お彼岸は、太陽が真東から昇り、真西に沈みます。                            この真西に沈む夕日が、西方にある浄土への道を示すといわれており、昔から先祖さまへ思いを向ける日とされています。                                               また、お彼岸には、私たちもきし(仏の世界、悟りの世界)清らかな世界に到ることを願い、手を合わせ、  日ごろの感謝を捧げることも大切にしたいものですね。